今日の人気記事

  1. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう
  2. HTTPヘッダーを取得 - get_headers()
  3. スクリプトを一時停止 - sleep()、usleep()
  4. フォームから POST で送信されたデータを表示
  5. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み

エスケープシーケンス - 特殊文字

スポンサーリンク

ここではPHPの「エスケープシーケンス - 特殊文字」について解説します。

エスケープシーケンス

PHPスクリプトの文字列に「\n」というへんちくりんな記号をみたことがあるかと思います。

このようにエスケープ記号「\」(バックスラッシュ、円記号)とそれに続く文字で表される文字「\ + 文字」のことを特殊文字といい、この記述方法を「エスケープシーケンス」と呼びます。

これはキーボードから文字列として入力できない(表現できない)、改行やタブなどの特殊な文字を表現するときに使います。

  • 文字列 - シングルクォーテーション と ダブルクオーテーション
スポンサーリンク

文字列で使える特殊文字

PHPスクリプトの文字列で使える特殊文字の一覧表です。

特殊文字
\n改行、LF(ラインフィード)
\r改行、CR(キャリッジリターン)
\t水平タブ
\v垂直タブ
\fフォームフィールド
\\バックスラッシュ
\$ドル記号
\'シングルクォーテーション(引用符)
\"ダブルクオーテーション(2重引用符)

それでは、サンプルスクリプトをみてみましょう。

<?php
echo "Hello\tWorld\nhogehoge!";
?>

実行結果です。特殊文字のタブと改行が表示されることがわかります。

Hello	World
hogehoge!

次は「文字列 - シングルクォーテーション と ダブルクオーテーション」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)