今日の人気記事

  1. ファイル・URLの内容を全て読み込む - file_get_contents()
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows10
  3. ファイルから1行ずつ読み込む - fgets()
  4. 関数の引数にデフォルト値を指定
  5. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10

文字列 - シングルクォーテーション と ダブルクオーテーション

文字列の「シングルクォーテーション」と「ダブルクオーテーション」の使い方(違い)について、解説します。

PHPスクリプトでの「文字列」はシングルクォーテーション(引用符)「'」、あるいはダブルクオーテーション(2重引用符)「"」で囲んで記述しますが、シングルクォーテーションとダブルクオーテーションでは少し挙動が異なるので、ここではその違いを紹介します。

それぞれのサンプルスクリプトを挙動を確認していきましょう。

シングルクォーテーション(引用符)

シングルクォーテーション「'」で特殊文字と変数を含む文字列を囲み、それを出力するサンプルスクリプトです。

<?php
$str = 'World!';
echo 'Hello, \n $str';
?>

実行結果です。改行(LF)を意味する特殊文字「\n」と変数「$str」は展開されずに、そのまま表示されます。

Hello, \n $str

次はダブルクオーテーションをみてみましょう。

ダブルクオーテーション(2重引用符)

ダブルクオーテーション「"」で特殊文字と変数を含む文字列を囲み、それを出力するサンプルスクリプトです。

<?php
$str = "World!";
echo "Hello, \n $str";
?>

実行結果です。「\n」は表示されず、改行(LF)されています。また、変数「$str」は格納されている値が表示されます。

Hello, 
 World!

まとめ

シングルクォーテーションとダブルクオーテーションの動きの違いをまとめると以下のようになります。

特殊文字 変数
シングルクォーテーション そのまま表示 そのまま表示
ダブルクォーテーション 特殊文字を展開して表示 変数を展開して値を表示

次は「ヒアドキュメント」をみてみましょう。

関連記事(一部広告含む)