今日の人気記事

  1. if、else、elseif - 条件分岐
  2. ヒアドキュメント
  3. 数値の小数点以下を処理(四捨五入・切り捨て・切り上げ) - round関数、floor関数、ceil関数
  4. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう - XAMPP環境
  5. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10

論理演算 - 論理積・論理和・排他的論理和・否定

ここでは論理演算の「論理積」「論理和」「排他的論理和」「否定」の解説をします。

ここでは真を「1」、偽を「0」として、それぞれの演算がどのような値を出力するかをみていきます。

論理積

論理積(AND)とは、2つの入力がどちらも「1」の場合に出力が「1」になり、それ以外の場合は「0」を出力する演算です。

入力1 入力2 出力
0 0 0
0 1 0
1 0 0
1 1 1

論理和

論理和(OR)とは、2つの入力が両方共に「0」の場合は「0」を、いずれかの入力が「1」の場合は「1」を出力する演算です。

入力1 入力2 出力
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 1

排他的論理和

排他的論理和(XOR)とは、2つの入力の内いずれかが「1」の場合は「1」を、それ以外は「0」を出力する演算です。

入力1 入力2 出力
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 0

否定

否定(NOT)とは、入力が「1」の場合は「0」を、「0」の場合は「1」を出力する演算です。

入力 出力
0 1
1 0

関連記事(一部広告含む)