今日の人気記事

  1. フォームから POST で送信されたデータを表示
  2. 指定した文字列以降の文字列を取得 - strstr()、strchr() - mb_strstr()
  3. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう
  4. URLのクエリ文字列を変数に - parse_str()
  5. Apache + PHPの設定と動作確認 - Windows環境

Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージのインストール

スポンサーリンク

Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージのダウンロードとインストール方法を紹介します。

※ ここでは Windows 10 を例にダウンロードとインストール方法をみていきます。

Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージのダウンロード


「Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージのダウンロード」ページです。

「ダウンロード」をクリックしましょう。


ダウンロードするプログラムの選択です。

  • vc_redist.x64.exe
    (64ビット版)
  • vc_redist.x86.exe
    (32ビット版)


ここでは64ビット版の「vc_redist.x64.exe」を選択しました。

「次へ」をクリックします。


Microsoft Edge の場合、画面下の「保存」をクリックしましょう。

すると、ダウンロードがはじまります。

Microsoft Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージのインストール

ダウンロードが終わったら、インストールしましょう。


Microsoft Edge の場合、画面下の「実行」をクリックします。


すると、このようにインストーラが起動します。

「ライセンス条項」にチェックを入れ、「インストール」をクリックしましょう。


ユーザーアカウント制御です。

「はい」をクリックし、インストールを続行しましょう。


すると、インストール(セットアップ)がはじまります。


インストール(セットアップ)の完了です。

「閉じる」をクリックしましょう。

関連記事(一部広告含む)