今日の人気記事

  1. php.ini の設定
  2. Apache 2.4 をアンインストール(削除) - Windows10
  3. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10
  4. 配列の値の合計を計算 - array_sum()
  5. PHP関数リファレンス

PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10

スポンサーリンク

Windows環境にインストールしたPHPの設定と動作確認をしていきます。

PHPの設定 - 環境変数の設定


タスクバーのフォームに

「システムの詳細」と入力し


「システムの詳細設定の表示」を起動しましょう。


すると、「システムのプロパティ」ウィンドウが表示されるので

「環境設定」をクリックしましょう。


環境設定です。

「Path」を選択し、「編集」をクリックします。


環境設定の編集です。

「参照」をクリックし


PHPをインストールしたフォルダー(c:\php)を選択し、「OK」をクリックします。


これで環境設定は完了です。


「OK」をクリックします。


「OK」をクリックします。

PHPの動作確認

PHPが適切に動作するかを確認していきましょう。


タスクバーのフォームに

「cmd」と入力し


「コマンドプロンプト」を起動します。


コマンドプロンプトです。

phpコマンドを実行してみましょう。オプション(-v)をつけて、phpのバージョンを確認します。

>php -v
PHP 7.4.7 (cli) (built: Jun  9 2020 13:36:15) ( ZTS Visual C++ 2017 x64 )
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies

以上のようにバージョンが表示されれば、インストールしたPHPは適切に動作しています。

また、PHPの設定情報などをコマンドラインでみてみましょう。phpinfo関数を使った次のコマンドを実行します。

>php -r phpinfo(); | more


すると、このようにphpinfo()の情報が表示されます。

phpinfo()
PHP Version => 7.4.7

System => Windows NT SURFACE-LAPTOP- 10.0 build 18363 (Windows 10) AMD64
Build Date => Jun  9 2020 13:28:11
Compiler => Visual C++ 2017
Architecture => x64
Configure Command => cscript /nologo /e:jscript configure.js  "--enable-snapshot-build" "--enable-debug-pack" "--with-pdo-oci=c:\php-snap-build\deps_aux\oracle\x64\instantclient_12_1\sdk,shared" "--with-oci8-12c=c:\php-snap-build\deps_aux\oracle\x64\instantclient_12_1\sdk,shared" "--enable-object-out-dir=../obj/" "--enable-com-dotnet=shared" "--without-analyzer" "--with-pgo"
Server API => Command Line Interface
Virtual Directory Support => enabled
Configuration File (php.ini) Path => C:\windows
… 略 …

関連記事(一部広告含む)