今日の人気記事

  1. 配列の要素を逆順に - array_reverse()
  2. 変数の型
  3. メッセージを出力し、スクリプトを終了 - die()、exit()
  4. 指定した文字列以降の文字列を取得 - strstr()、strchr() - mb_strstr()
  5. 文字列のmd5・sha1ハッシュ値を計算 - md5()、sha1()

PHPの設定と動作確認 - Windows環境

スポンサーリンク

Windows環境にインストールしたPHPの設定と動作確認をしていきます。

PHPの設定 - 環境変数の設定

PHPをインストールしたフォルダを環境変数のPATHに追加します。環境変数についてはこちらを参考にしてください。

windows-php-confirmation-00
システムのプロパティから「環境変数」をクリックします。

windows-php-confirmation-01
システム環境変数から変数「Path」を選択し、「編集」をクリックします。

windows-php-confirmation-02
システム変数の編集です。変数値の末尾に「;C:¥php」を追加し、「OK」をクリックします。

windows-php-confirmation-03
「OK」をクリックします。これで環境変数の設定は完了です。

PHPの動作確認

PHPが適切に動作するかを確認していきましょう。コマンドプロンプトを起動します。

phpコマンドを実行してみましょう。オプション(-v)をつけて、phpのバージョンを確認します。

windows-php-confirmation-10

>php -v
PHP 5.5.0 (cli) (built: Jun 19 2013 16:13:16)
Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
Zend Engine v2.5.0-dev, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

以上のようにバージョンが表示されれば、インストールしたPHPは適切に動作しています。また、PHPの設定情報などをコマンドラインでみてみましょう。

windows-php-confirmation-11

>php -r phpinfo(); | more
phpinfo()
PHP Version => 5.5.0

System => Windows NT TOKI 6.2 build 9200 (Windows 8 Home Premium Edition) i586
Build Date => Jun 19 2013 16:09:11
Compiler => MSVC11 (Visual C++ 2012)
Architecture => x86
… 略 …

以上、「PHPの設定と動作確認」でした~。

関連記事(一部広告含む)