今日の人気記事

  1. 配列の要素を逆順に - array_reverse()
  2. 変数の型
  3. メッセージを出力し、スクリプトを終了 - die()、exit()
  4. 指定した文字列以降の文字列を取得 - strstr()、strchr() - mb_strstr()
  5. 文字列のmd5・sha1ハッシュ値を計算 - md5()、sha1()

セッションクッキーのパラメータを取得・設定 - session_get_cookie_params()、session_set_cookie_params()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、セッションクッキーのパラメータを取得・設定する方法を紹介します。

パラメータの取得には関数 session_get_cookie_params()を、設定には関数 session_set_cookie_params()を使います。

session_get_cookie_params()

array session_get_cookie_params ( void )
セッションクッキーを取得します。
引数
引数なし
返り値
セッションパラメータを配列で返します。

取得する配列は以下のテーブルを参考にしてください。

パラメータ概要
lifetimeクッキーの有効期限
pathクッキーを保存するパス
domainクッキーが有効なドメイン
secureクッキーのセキュアフラグ(HTTPS)
httponlyクッキーの通信フラグ(HTTP)

session_set_cookie_params()

void session_set_cookie_params ( int $lifetime [, string $path [, string $domain [, bool $secure [, bool $httponly ]]]] )
セッションクッキーを設定します。
引数
$lifetime
クッキーの有効期限を指定します。
$path
クッキーを保存するパスを指定します。
$domain
クッキーが有効なドメインを指定します。
$secure
true を指定するとセキュアな通信、HTTPS接続の場合にのみクッキーを送信します。デフォルトはfalse。
$httponly
true を指定するとHTTPのみがクッキーにアクセスできます。デフォルトはfalse。
返り値
返り値なし

サンプルスクリプト

セッションクッキーのパラメータを取得(表示)、設定(ここでは有効期限のみ)するサンプルスクリプトです。

session_get_cookie_params( 引数なし )
session_set_cookie_params( 有効期限 )
<?php
// セッション開始
session_start();
?>

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<body>

<?php
// セッションクッキーを取得
echo "セッションクッキーのパラメータ(デフォルト)<br />";
var_dump( session_get_cookie_params() );
echo "<br /><br />";

// セッションクッキーのパラメータ(有効期限)を設定
session_set_cookie_params( time()+60*60 );

// セッションクッキーを取得
echo "セッションクッキーのパラメータ(有効期限を設定)<br />";
var_dump( session_get_cookie_params() );

// セッション破棄
session_destroy();
?>

</body>
</html>

それではサンプルスクリプトにアクセスしてみましょう。

セッションクッキーのパラメータ のサンプル

session-cookie-01
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

セッションクッキーのパラメータが取得・設定されていることがわかります。

関連記事(一部広告含む)