今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  4. PHPの設定と動作確認 - Windows環境
  5. php.ini の設定

定義済み定数の一覧表

スポンサーリンク

PHPにはあらかじめ定義されている定数がたくさん用意されています。

ここでは定義済み定数の一覧表とその使い方をサンプルスクリプトとともに紹介していきます。

定義済み定数の一覧表

定数 概要
__FILE__ スクリプトファイルのフルパスとファイル名
__DIR__ スクリプトファイルのフルパス
__LINE__ スクリプトの行番号
__FUNCTION__ 実行している関数名
__CLASS__ 実行しているクラス名
__METHOD__ 実行しているメソッド名
__NAMESPACE__ 現在の名前空間
PHP_OS PHPを実行している環境のOS
PHP_VERSION PHPのバージョン
PHP_MAJOR_VERSION PHPのメジャーバージョン
PHP_MINOR_VERSION PHPのマイナーバージョン
TRUE 論理値の真
FALSE 論理値の偽
NULL ヌル値
スポンサーリンク

サンプルスクリプト

var_dump関数を使って、定数「__FILE__」「__DIR__」「__LINE__」の中身を見てみましょう。

<?php
var_dump(__FILE__);
var_dump(__DIR__);
var_dump(__LINE__);
?>

Linux環境でユーザーフォルダの直下に配置したPHPスクリプトの実行結果です。「__FILE__」「__DIR__」はstiring型の文字列で、「__LINE__」はint型の数値ですね。

string(35) "/home/karuma/reserved-constants.php"
string(12) "/home/karuma"
int(4)

次はPHPを実行しているOSとPHPのバージョンをみてみましょう。

var_dump(PHP_OS);
var_dump(PHP_VERSION);

実行結果です。PHPを実行している環境は「Linux」で、PHPのバージョンは「5.6.0-dev」であることがわかります。

string(5) "Linux"
string(9) "5.6.0-dev"

これら定義済み定数はさまざまな状況下で利用することができるので、覚えておくと便利ですよ!

次は「定義済みの数学定数一覧表」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)