今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認 - XAMPPの使い方
  3. 論理値 - boolean
  4. 外部コマンドを実行 - exec()、system()
  5. continue - 繰り返し処理を飛ばす(スキップ)

定義済みの数学定数一覧表

スポンサーリンク

PHPには、数値計算をする場合に便利な数学定数(円周率、オイラー定数……など)が用意されています。

ここではそれら定義済みの数学定数一覧表を紹介します。

定義済みの数学定数一覧表

定数概要
M_PI円周率(Pi)
M_Eネイピア数、自然底数の底(e)
M_LOG2Elog_e(e)
M_LOG10Elog_10(e)
M_LN2log_e(2)
M_LN10log_e(10)
M_PI_2Pi/2
M_PI_4Pi/4
M_1_PI1/Pi
M_2_PI2/Pi
M_SQRTPIsqrt(Pi)
M_2_SQRTPI2/sqrt(Pi)
M_SQRT2sqrt(2)
M_SQRT3sqrt(3)
M_SQRT1_21/sqrt(2)
M_LNPIlog_e(Pi)
M_EULERオイラー定数

サンプルスクリプト

数学定数の一覧を表示するサンプルスクリプトです。

<?php
var_dump( M_PI );
var_dump( M_E );
var_dump( M_LOG2E );
var_dump( M_LOG10E );
var_dump( M_LN2 );
var_dump( M_LN10 );
var_dump( M_PI_2 );
var_dump( M_PI_4 );
var_dump( M_1_PI );
var_dump( M_2_PI );
var_dump( M_SQRTPI );
var_dump( M_2_SQRTPI );
var_dump( M_SQRT2 );
var_dump( M_SQRT3 );
var_dump( M_SQRT1_2 );
var_dump( M_LNPI );
var_dump( M_EULER );
?>

実行結果です。

float(3.1415926535898)
float(2.718281828459)
float(1.442695040889)
float(0.43429448190325)
float(0.69314718055995)
float(2.302585092994)
float(1.5707963267949)
float(0.78539816339745)
float(0.31830988618379)
float(0.63661977236758)
float(1.7724538509055)
float(1.1283791670955)
float(1.4142135623731)
float(1.7320508075689)
float(0.70710678118655)
float(1.1447298858494)
float(0.57721566490153)

見たことある値やら得体の知れない値がfloat型で返されます。

サンプルスクリプト - 円の面積

数学定数(M_PI)を使って、円の面積を求めてみましょう。

半径($r)「2」の面積を求めるサンプルスクリプトです。円の面積は「半径×半径×円周率」なので、以下のようになります。

<?php
$r = 2;
echo $r*$r * M_PI . "\n";
?>

実行結果です。

12.566370614359

次は 文字列の基本構文 をみてみましょう。

関連記事(一部広告含む)