今日の人気記事

  1. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  4. PHPサンプルコード集
  5. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS

for - 繰り返し処理

スポンサーリンク

ここではPHPの基本構文「for」を使った繰り返し処理について解説します。

for - 繰り返し処理

「for」は「初回の式」「条件」「ループごとの処理」を指定することのできる繰り返し処理です。指定した「条件」を満たす場合、つまり true(真) の場合に処理を繰り返します。

<?php
for ( 初回の式; 条件; ループごとの処理 ) {
  条件が true の場合に行う処理
}
?>

あるいはコロン「:」「endfor」を使って、以下のように記述します。

<?php
for ( 初回の式; 条件; ループごとの処理 ) :
  条件が true の場合に行う処理
endfor;
?>

もっともよく使われる構文のひとつですね。

スポンサーリンク

それでは「for」のサンプルスクリプトをみてみましょう。

サンプルスクリプト①

初回の式に変数「$i=0」を設定し、10より小さい場合に繰り返し処理を行うサンプルスクリプトです。ループごとの処理には「$i」の値に +1 するように設定しています。

<?php
for ( $i=0;$i<10;$i++ ) {
  echo $i ."\n";
}
?>

実行結果です。

0
1
2
3
4
5
6
7
8
9

変数「$i」の値が10より小さい場合に繰り返し処理が実行されていることがわかります。

サンプルスクリプト②

「for」の「条件」は以下のサンプルスクリプトのように省略することもできます。ループ処理の終了には「break - 繰り返し処理を抜ける(終了)」を使っています。

<?php
for( $i=0;;$i++ ){
  echo $i . "\n";
  if( $i===5 ){
    echo "ループ抜けるよ\n";
    break;
  }
}
?>

実行結果です。

0
1
2
3
4
5
ループ抜けるよ

次は「foreach - 配列要素の繰り返し処理」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告