今日の人気記事

  1. 定数の基本構文

変数のリファレンス

当ページのリンクには広告が含まれています。

PHPの基本構文「リファレンス」を紹介します。

リファレンス

変数の値を異なる変数から参照することを「リファレンス」といいます。

変数をリファレンスとして定義するには、「&」記号を使って、以下のように記述します。

$hoge = "変数の値";
$piyo = &hoge;

この例では変数「$hoge」と「$piyo」は同じ値を参照します。そのため「$hoge」の値を変更すると「$piyo」の値も変更されます(逆の場合も同じです)。

サンプルスクリプト

それでは、サンプルスクリプトをみながら「リファレンス」の動きを確認していきましょう。

<?php
$hoge = "リファレンスのサンプル";
$piyo = &$hoge;
echo $hoge ."\n";
echo $piyo ."\n";

// $hoge の値を変更
$hoge = "変更!";
echo $hoge ."\n";
echo $piyo ."\n";

// $piyo の値を変更
$hoge = "再度、変更!";
echo $hoge ."\n";
echo $piyo ."\n";
?>

実行結果です。

リファレンスのサンプル
リファレンスのサンプル
変更!
変更!
再度、変更!
再度、変更!

変数「$hoge」「$piyo」のどちらの値を変更しても、常に同じ値であることがわかります。

次は「静的な変数」をみてみましょう。

変数 の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. セッションクッキーのパラメータを取得・設定 - session_get_cookie_params()、session_set_cookie_params()
  3. 連想配列
  4. 簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本
  6. require、require_once - ファイルの取り込み
  7. ファイルの読み込み
  8. 静的な変数
  9. 変数のスコープ(有効範囲)
  10. 変数 - 型の変換 - 型キャストの一覧表

関連記事(一部広告含む)