今日の人気記事

  1. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10
  2. 文字列 - シングルクォーテーション と ダブルクオーテーション
  3. 10進数 ⇔ 2進数変換 - decbin()、bindec()
  4. 代入演算子 - 変数に値を代入
  5. 定数が定義済みかどうかを確認 - defined()

ファイルの読み込み

ここでは PHP スクリプトで、ファイルを読み込んで、その内容を出力する方法を紹介します。

サンプルコード

テキストファイル(file-sample.txt)を読み込んで、出力するサンプルコードです。

<?php
// ファイルオープン
$fp = fopen("file-sample.txt", "r") or die("ファイルが開けないよぉ!");

// 読み込んだファイルを出力
while( !feof($fp) ) {
  echo fgets($fp);
}

// ファイルクローズ
fclose($fp);
?>

サンプルコードを細かく分解して、みていきましょう。

ファイルを開く

指定したファイル(file-sample.txt)をモード「r」(読み込みのみ)で開きます。

// ファイルオープン
$fp = fopen("file-sample.txt", "r") or die("ファイルが開けないよぉ!");

読み込んだファイルを出力

読み込んだファイルを繰り返し処理「while」を使って、出力しています。

// 読み込んだファイルを出力
while( !feof($fp) ) {
  echo fgets($fp);
}

ファイルを閉じる

開いたファイルを閉じます。

// ファイルクローズ
fclose($fp);

実行結果

それではサンプルコードを実行してみましょう。

#### #### #### #### ####
ふぁいるのなかみです。
てきすとふぁいるだよ。
#### #### #### #### ####

このようにファイル(file-sample.txt)の内容が出力されます。

その他

関連記事(一部広告含む)