今日の人気記事

まだデータがありません。

ファイル・URLの内容を標準出力へ - readfile()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、指定したファイル・URLの全ての内容を標準出力へ書き出す関数 readfile()を紹介します。

readfile関数

int readfile ( string $filename [, bool $use_include_path = false [, resource $context ]] )
指定したファイルやURLの全ての内容を標準出力へ書き出します。
引数
$filename
標準出力へ書き出すファイルやURLを指定します。
$use_include_path
指定するとinclude_pathからファイルを検索できます。
指定しない場合は、falseです。
$context
独自のコンテキストを使う場合に指定します。
使わない場合は、NULLを指定します。
返り値
読み込んだファイルやURLのバイト数を返します。
スポンサーリンク

サンプルコード

指定したファイル(list.txt)とURLを読み込み、それを標準出力するサンプルコードです。

file_get_contents( ファイルやURL )
<?php
/* ファイルを標準出力 */
readfile("list.txt");

echo "\n\n===== ===== =====\n\n";

/* URLを標準出力 */
readfile("https://webkaru.net/php/");
?>

実行結果です。指定したファイル・URLの内容が標準出力されます。

Windows Mac     Linux   10
C言語   PHP     jQuery  20

===== ===== =====

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja" prefix="og: http://ogp.me/ns#">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<meta property="og:locale" content="ja_JP" />
<title>PHP入門のカルマ - 基本構文からサンプルコードまで紹介!</title>

… 略 …
スポンサーリンク

関連記事と広告