Linuxのディストリビューション - 利用率から比較

スポンサーリンク

Linuxには、さまざまディストリビューションがあります。有名なところだと、「Debian」「CentOS」「Ubuntu」でしょうか。他にもたくさんあります。その中からどのディストリビューションを選べばいいのか? 利用率から比較してみましょう。

Linuxディストリビューションの利用率推移

W3Techの「Historical trends in the usage of Linux versions」で算出されているLinuxディストリビューションの利用率をみてみましょう。

利用率のグラフ


Linuxディストリビューションの推移です。

  1. Ubuntu
  2. CentOS
  3. Debian
  4. Gentoo
  5. Red Hat

「Ubuntu」の利用率が圧倒的に高いことがわかります。

数年前は「Debian」の利用率が高かったのですが、ここ最近は「Ubuntu」の利用率が圧倒的に高いことがわかります。

「CentOS」「Debian」の利用率は拮抗しています。

どのLinuxを使えばいいのかわからない……

そんな場合は「Ubuntu」を選んでおきましょう。利用率からみてもおすすめです。

関連記事(一部広告含む)