今日の人気記事

  1. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  2. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  3. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  4. tcpdump - ネットワークのトラフィックをダンプ - Linuxコマンド
  5. sftp - 安全なファイル転送 - Linuxコマンド

UnixBenchの使い方とエラー対処方法

スポンサーリンク

Linuxシステムのパフォーマンス(性能)を測定するためのソフトウェア「UnixBench」の使い方とエラー対処方法を紹介します。

UnixBenchとは

UnixBenchとは、Linuxシステムのパフォーマンス(性能)を測定するためのソフトウェア。単純なベンチマークテストをするソフトウェアとして、1983年にMonash大学(豪州)で開発され、コンピュータ雑誌「Byte Magazine」に取り上げられたことから、広く利用されるようになりました。

UnixBenchは、“George”と呼ばれるメモリ128MBのシステム「SPARCstation 20-61」のスコアを10.0とし、システムのパフォーマンススコアを算出してくれます。算出されたスコアの結果は、CPM・メモリ・ハードディスクだけでなく、OS・ライブラリ・コンパイラーにも依存するので、スコアが高ければ高いほどパフォーマンスに優れたシステムといえるでしょう。スコアが520であれば、“George”の52倍高速なシステムです。

最近では、VPSのパフォーマンス指標としてもよく利用されており、VPSを選ぶ際のひとつのポイントになっています。

参照
・UnixBench/USAGE
https://code.google.com/p/byte-unixbench/

UnixBenchの使い方

まず、googlecodeからUnixBenchをダウンロード。そのファイルをtarコマンドで展開し、コンパイル(make)、実行(Run)します。

# wget https://byte-unixbench.googlecode.com/files/UnixBench5.1.3.tgz
# tar xvf UnixBench5.1.3.tgz
# cd UnixBench
# make
# ./Run

   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com

1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 

上記のような処理が始まれば、適切にUnixBenchが動いています。エラーが表示された場合はこちらを参考にしてください。

UnixBenchのオプション

UnixBenchにはいくつかのオプションが用意されています。

  -q            quietのqです。UnixBench計測の詳細を非表示。
  -v            verboseのvです。UnixBench計測の詳細を表示。
  -i             iterationのiです。それぞれの性能テストを繰り返す回数(デフォルトは10回)を指定。
  -c            copyのcです。 計測時のCPUの数を指定。

シングルコアのみでUnixBenchを計測する場合は下記のようにコマンドを実行すればOKです。

# ./Run -c 1

エラー対処方法「wget: コマンドが見つかりません」

初期状態のVPSにはwgetがインストールされていない場合があります。wgetコマンドをインストールしましょう。

・CentOS

# wget https://byte-unixbench.googlecode.com/files/UnixBench5.1.3.tgz
-bash: wget: コマンドが見つかりません

# yum install wget

エラー対処方法「make: コマンドが見つかりません」

makeコマンドが見つからない場合の対処方法です。makeをインストールすればOKです。

・CentOS

# make
bash: make: コマンドが見つかりません

# yum install make

・Debian

# make
-bash: make: コマンドが見つかりません

# apt-get install make

エラー対処方法「gcc: コマンドが見つかりませんでした」

UnixBenchをmakeした場合に「gcc: コマンドが見つかりませんでした」というエラーが表示された場合の対処方法です。gccをインストールすればOKです。

・CentOS

# make
Checking distribution of files
./pgms  exists
./src  exists
./testdir  exists
./results  exists
gcc -o ./pgms/arithoh -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall -Darithoh ./src/arith.c
make: gcc: コマンドが見つかりませんでした
make: *** [pgms/arithoh] エラー 127

# yum install gcc

・Debian

# make
Checking distribution of files
./pgms  exists
./src  exists
./testdir  exists
./results  exists
gcc -o ./pgms/arithoh -DTIME -Wall -pedantic -ansi -O2 -fomit-frame-pointer -fforce-addr -ffast-math -Wall -Darithoh ./src/arith.c
make: gcc: コマンドが見つかりませんでした
make: *** [pgms/arithoh] エラー 127

# apt-get install gcc

エラー対処方法「/usr/bin/perl: bad interpreter」

perlがインストールされていないので、インストールしましょう。

・CentOS

# ./Run 
-bash: ./Run: /usr/bin/perl: bad interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません

# yum install perl

エラー対処方法「Can't locate Time/HiRes.pm」

UnixBenchを実行した場合に「Can't locate Time/HiRes.pm」というperlのモジュールが見つかりませんというエラーが出た場合の対処方法です。perlのモジュール「perl-Time-HiRes」をインストールすればOKです。

・CentOS

# ./Run 
Can't locate Time/HiRes.pm in @INC (@INC contains: /usr/local/lib64/perl5 /usr/local/share/perl5 /usr/lib64/perl5/vendor_perl /usr/share/perl5/vendor_perl /usr/lib64/perl5 /usr/share/perl5 .) at ./Run line 6.
BEGIN failed--compilation aborted at ./Run line 6.

# yum install perl-Time-HiRes

・Debian

# ./Run 
Can't locate Time/HiRes.pm in @INC (@INC contains: /etc/perl /usr/local/lib/perl/5.10.1 /usr/local/share/perl/5.10.1 /usr/lib/perl5 /usr/share/perl5 /usr/lib/perl/5.10 /usr/share/perl/5.10 /usr/local/lib/site_perl .) at ./Run line 6.
BEGIN failed--compilation aborted at ./Run line 6.

# apt-get install libtime-hires-perl

関連記事(一部広告含む)