今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  4. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  5. ls - ファイルとディレクトリのリストを表示 - Linuxコマンド

PHP-FPMのインストールと設定

スポンサーリンク

Fast-CGI形式で動作するPHP-FPM(FastCGI Process Manager)のインストールと設定を行います。

PHP-FPMのインストール

EPELのインストール

EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux)は、通常のリポジトリからは提供されていないパッケージの依存関係を解決するのに必要になってきます。wgetして、インストールしましょう。

# cd /tmp
# wget http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

Remiリポジトリ

PHP-FPMは、CentOSの通常のリポジトリからは提供されていません。そこで、最新のパッケージを配布している「Remiリポジトリ」からPHP-FPMをインストールします。

# cd /tmp
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
# rpm -ivh remi-release-6.rpm
# yum --enablerepo=remi install php php-fpm

PHP-FPMの自動起動

OS起動時にPHP-FPMが自動起動するように設定します。

# chkconfig php-fpm on

PHP-FPMが自動起動するかを確認します。3:onであればOK! grepコマンドの詳細はこちら。

# chkconfig | grep php-fpm
php-fpm        	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off

chkconfigコマンドを実行時に表示される0〜6の数字は、OSの動作モードを表すランレベルです。
» ランレベルとは(chkconfig)

PHP-FPMの設定

PHP-FPMの設定ファイル(/etc/php-fpm.d/www.conf)を編集します。

# cp /etc/php-fpm.d/www.conf  /etc/php-fpm.d/www.conf.org

# vi /etc/php-fpm.d/www.conf
listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock

user = nginx
group = nginx

diffコマンドで比較

適切に編集できているかを確認するためにdiffコマンドで比較します。

# diff /etc/php-fpm.d/www.conf  /etc/php-fpm.d/www.conf.org 
12c12
< listen = /var/run/php-fpm/php-fpm.sock
---
> listen = 127.0.0.1:9000
39c39
< user = nginx
---
> user = apache
41c41
< group = nginx
---
> group = apache

初期設定では9000番ポートでサーバーが起動するように設定されていますが、高速なUNIXドメインソケットに変更しています。また、nginxでの利用を考慮して、userとgroupをnginxに変更しています。

ここでは、変更していませんが、サーバーの負荷に応じてPHP-FPMの設定ファイル(/etc/php-fpm.d/www.conf)のpm(ワーカプロセスの動作)を変更することができます。

以上で、「PHP-FPMのインストールと設定」は終了です。

関連記事(一部広告含む)