今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

インデント - プログラムの基本

スポンサーリンク

プログラムの書式を理解したら、次は「インデント」をみていきましょう。

インデント

インデントとは、プログラムを見やすくするための字下げのことです。

for(i=0;i<10;++i) {
	printf("%d\n", i);
}

このように「printf 関数」の行だけ右にずらすことをインデント(字下げ)をいいます。この作業をするだけでプログラムは格段に見やすくなるので、必ずインデントは入れましょう。

「インデントなし」と「インデントあり」のプログラムを比較してみましょう。

インデントなしのプログラム。

#include <stdio.h>
int main(void)
{
printf("Hello, World\n");
return 0;
}

インデントありのプログラム。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("Hello, World\n");
	return 0;
}

「インデントなし」よりも「インデントあり」のプログラムの方が見やすいですね。

スポンサーリンク

少し長めのプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int i;

	for(i=0;i<10;++i) {
		printf("%d\n", i);
	}

	return 0;
}

このように main 関数、繰り返しを行う for文の処理がわかりやすくなりますね。プログラムが複雑になればなるほど、インデントが大切になってきます。

通例、インデントには「タブ」が使用されますが、「半角スペース」でも構いません。お好みで選択しましょう。

次はプログラムのバグ混入を防ぐためのコメント(メモ書き)をみていきます。

スポンサーリンク