今日の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Linux環境
  3. 乱数 - 1〜10のランダムな数値を出力する
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. サンプルプログラム集

プログラムの書式 - プログラムの基本

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

書式(フォーマット)

書式(フォーマット)とは、プログラムの書き方のことです。

書き方といっても大した決まりはなく「int」や「main」といった意味のある単語はつなげて書かず、間に「半角スペース」あるいは「改行」を挟めば、OKです。これだけです。

そのため、次のように記述しても

#include <stdio.h>
int
main(void
){printf("Hello, World!\n");
return 0;}

次のように記述してもOKです。

#include <stdio.h>
int
main(
void
)
{
printf("Hello, World!\n");return 0;}

実行してみると、

Hello, World!

このように適切な結果が表示されます。

しかし、適切に動いたとしても上のように煩雑なプログラムの書き方では、人の目に優しくありません(見にくいですね)。

このような書き方だと、プログラムが少し複雑になっただけで、バグ(不具合)が混入してしまう恐れがあるので、次のように誰がみてもわかりやすいように書くことを心がけましょう。

#include <stdio.h>
int main(void)
{
  printf("Hello, World!\n");
  return 0;
}

次はプログラムを見やすくするためのインデント(字下げ)をみていきます。

基本構文 の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  3. continue文 - ループをスキップ
  4. 配列の要素を出力(表示)する
  5. int main(void) - プログラムの基本
  6. while文 - 繰り返し処理
  7. 閏年(うるうどし)を判定する
  8. 関数のプロトタイプ宣言
  9. (前置・後置)インクリメント演算子, ++
  10. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Mac環境

関連記事(一部広告含む)