今日の人気記事

  1. プログラムの書式 - プログラムの基本
  2. 入力した2つの数値を交換する
  3. 入力した2つの自然数の最大公約数を求める
  4. 入力した2つ数値の大小を判定する

インデント - プログラムの基本

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

プログラムの書式を理解したら、次は「インデント」をみていきましょう。

インデント

インデントとは、プログラムを見やすくするための字下げのことです。

for(i=0;i<10;++i) {
	printf("%d\n", i);
}

この例では「printf 関数」の行だけ右にずらしていますね。これをインデント(字下げ)といいます。この作業をするだけでプログラムは格段に見やすくなるので、必ずインデントは入れましょう。

「インデントなし」と「インデントあり」のプログラムを比較してみましょう。

インデントなしのプログラム。

#include <stdio.h>
int main(void)
{
printf("Hello, World\n");
return 0;
}

インデントありのプログラム。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	printf("Hello, World\n");
	return 0;
}

「インデントなし」よりも「インデントあり」のプログラムの方が格段に見やすいですね。

少し長めのプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
	int i;

	for(i=0;i<10;++i) {
		printf("%d\n", i);
	}

	return 0;
}

このように main 関数、繰り返しを行う for文の処理がわかりやすくなりますね。プログラムが複雑になればなるほど、インデントが大切になってきます。

通例、インデントには「タブ」が使用されますが、「半角スペース」でも構いません。お好みで選択しましょう。

次はプログラムのバグ混入を防ぐためのコメント(メモ書き)をみていきます。

基本構文 の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. 配列の要素を出力(表示)する
  3. while文 - 繰り返し処理
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. 関数のプロトタイプ宣言
  6. int main(void) - プログラムの基本
  7. 変数の値を出力 - printf 関数
  8. コンパイルと実行
  9. エスケープシーケンス - 特殊文字
  10. 数値の桁揃え

関連記事(一部広告含む)