今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. printf関数の変換指定子
  5. 変数の値を出力 - printf 関数

#include <stdio.h> と printf 関数 - プログラムの基本

スポンサーリンク

int main(void) を何となく理解したら次はいよいよ「Hello, World!」という文字列を出力してみましょう。

文字列を出力する場合、以下のサンプルプログラムのように「#include <stdio.h>」 と 「printf 関数」が必要です。

#include <stdio.h>

int main(void)
{

  printf("Hello, World!\n");

  return 0;
}

実行結果はこのようになります。

Hello, World!

まずは「#include <stdio.h>」からみていきます。

スポンサーリンク

#include <stdio.h>

プログラムの冒頭にある「#include」は、プログラムに必要なヘッダーファイルを読み込む(組み込む)ときに使います。

#include <ヘッダーファイル>

このように読み込むヘッダーファイルは、左は不等号「<」、右は「>」でくくります。

※ ヘッダーファイルにはプログラムに必要な関数が宣言されているので、main 関数の前に記述しましょう。

ここで読み込んでいる「stdio.h」は 標準の入力/出力(Standard Input/Output)を扱うヘッダーファイルです。ここでは「Hello, World!」という文字列の出力するプログラムなので、このヘッダーファイルを読み込んでいます。

その他にも数学関数を扱う「math.h」、数値を変換する「stdlib.h」……などC言語には、さまざまなヘッダーファイルが用意されています(ヘッダーファイルの詳細は使うときに解説)。

次は文字列を出力する「printf("Hello, World\n");」をみてみましょう。

printf 関数

文字列の出力には printf 関数を使います。

printf("文字列");

このように出力したい文字列をダブルクォーテーション「"」でくくって、printf 関数の引数として渡します。

※ printf関数は ヘッダーファイル stdio.h を読み込んでないと利用できないので、注意が必要です。

次はプログラムの書き方(書式)をみていきます。

スポンサーリンク

関連記事と広告