今日の人気記事

  1. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  2. サンプルプログラム集
  3. 変数の型
  4. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  5. 関数のプロトタイプ宣言

変数 - 予約語

スポンサーリンク

変数名の付け方(命名規則)を確認したら、次は変数に利用できない「予約語」をみていきましょう。

予約語

予約語とは、C言語に組み込まれている命令語のことで、以下のようなものがあります。

auto, break, case, char, const, continue, default, do, dougle, else, enum, extern, float, for, goto, if, int, long, register, return, short, signed, sizeod, static, struct, switch, typedef, union, unsigned, void, volatile, while

このように「int」や「float」……など! なんだかみたことがあるものばかりですね。これらが変数に利用できない「予約語」です。

それでは予約語を変数として使うとどうなるか?を確認してみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {

  // 変数
  int int;

  return 0;
}

「int」を変数に指定したこのプログラムを、コンパイル(ここでは gcc)しようとすると……

$ gcc reserved-words.c 
reserved-words.c:6:7: error: cannot combine with previous 'int' declaration
      specifier
  int int;
      ^
reserved-words.c:6:3: warning: declaration does not declare anything
      [-Wmissing-declarations]
  int int;
  ^~~~~~~
1 warning and 1 error generated.

怒られます……。予約語は使わないように注意しましょう。

変数に使えない予約語を確認したら、次は変数の型をみていきます。

関連記事(一部広告含む)