今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  3. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  4. int main(void) - プログラムの基本
  5. MacでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール - Xcode - Command Line Tools

変数の型

スポンサーリンク

変数名の付け方(命名規則)、変数に利用できない予約語を確認したら、次は「変数の型」をみていきましょう。

変数の型

変数には値ごとにさまざまな型が用意されています。「変数の型」「サイズ」「概要」「範囲」を確認しておきましょう。

変数の型サイズ概要範囲
char8ビット整数型(文字型)-128 ~ 255
int16ビット整数型-2147483648 ~ 2147483647
float32ビット浮動小数点数型(単精度実数)-3.402823e+38 〜 3.402823e+38
double64ビット浮動小数点数型(倍精度実数)-1.797693e+308 〜 1.797693e+308
スポンサーリンク

さまざまな種類の「変数の型」とそれらの概要を羅列しましたが、ちょっと分かりにくいですね。覚えておいてほしい項目だけをピックアップしました。

変数の型概要
char文字A
int整数1
float小数点を含む数値3.14
double小数点を含む数値
floatより多くの桁が使える
3.1415926535

これだけ覚えれば十分です。あとは使いながら慣れていきましょう。

変数の宣言」は「変数の型」と「変数名」を以下のように指定すれば、OK。でしたね。

変数の型 変数名;

それでは実際に変数を宣言してみましょう。サンプルプログラムでは以下のように変数を宣言しました。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  /* 整数(文字)型 */
  char var;

  /* 整数 */
  int a, b, c;

  /* 浮動小数点数型(単精度実数) */
  float x;
  float y;
  float z;

  /* 浮動小数点数型(倍精度実数) */
  double sum;

  return 0;
}

同じ型の変数を宣言する場合はカンマ「,」で区切る、あるいは複数行に渡って、宣言することができます。

int a, b, c;

float x;
float y;
float z;

変数を宣言したので、準備完了です。宣言した変数ごとにメモリが確保され、使える状態になっています。次は宣言した変数に値を代入してみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告