今日の人気記事

  1. 配列に格納した数値を昇順ソート
  2. サンプルプログラム集
  3. 変数の値を出力 - printf 関数
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. 10進数を2進数に変換

変数と変数の宣言

スポンサーリンク

ここではC言語の「変数」と「変数の宣言」についてみていきます。

変数

変数とは、数値や文字列といったデータを格納する箱のようなもので、コンピュータのメモリに保存されています。格納したデータはいつでも取り出すことができ、変更することもできます。

変数に格納したデータを使うことで、計算などの処理を効率よく実行することができます。

例えば、以下の計算の答えを求める課程を考えてみましょう。

1 + 2 = ?
1 + 2 + 3 = ?

変数を使わない場合は、愚直にそのまま計算します。

1 + 2
1 + 2 + 3

変数(ここでは「a」)を使うと……。

1 + 2 = a
a + 3 = ?

このように変数を使うことで「1+2」という同じ処理を省くことができます。

スポンサーリンク

変数を使わずに複雑なプログラムを実行すると何百回、何千回と同じ処理(無駄な処理)を繰り返す必要があるので、変数の使い方をマスターしていきましょう。

変数の宣言

次は、変数の宣言をみていきます。

変数の型 変数名; /* 変数のコメント */

値を格納する変数を使う場合は前もって、このように「変数の型」と「変数名」を宣言する必要があります。

例えば、こんなんです。

int var;

※ 「変数の型」や「変数名」については、後ほど詳しく解説します。

変数を宣言するとコンピュータ上のメモリが確保され、いつでもその変数が使える(値を代入したり、値を呼び出したり……)状態になります。

※ コメントはあってもなくてもよいですが、コメントがあるとプログラムが分かりやすくなるので、できるだけコメントを記述するクセをつけましょう。

「変数と変数の宣言」は確認できましたね。次は 変数名の付け方(命名規則)をみていきましょう。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)