今日の人気記事

  1. 文字列をファイルに書き込む - file_put_contents()
  2. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10
  3. 文字列の最初の文字を大文字 / 小文字に変換 - ucfirst()、lcfirst()
  4. クッキーの使い方
  5. 文字列を反復 - str_repeat()

簡単なPHPスクリプトを動かしてみよう - XAMPP環境

WindowsのXAMPP環境で、簡単なPHPスクリプトの動かしてみましょう。「XAMPP」をインストールしていない場合は、以下のリンクを参考にXAMPPをインストール・設定しておきましょう。
» PHP開発環境の構築

準備ができたら、簡単なPHPスクリプトを動かしてみましょう。

コマンドライン

以下のPHPスクリプトを「easy.php」というファイル名で、フォルダ「C:\xampp\samplecode\easy.php」に保存します。

<?php
echo "簡単なPHPスクリプト";
?>

command-prompt
コマンドプロンプトを起動し、phpコマンドで先ほど作成したPHPスクリプトを実行します。「簡単なPHPスクリプト」という文字列が表示されれば、スクリプトは適切に動作しています。

c:\>php c:\xampp\samplecode\easy.php
簡単なPHPスクリプト

以上、コマンドラインでPHPを動かしてみました。簡単ですね。次はApache経由でPHPスクリプトを動かしてみましょう。

Apache

以下のスクリプトを「easy-apache.php」というファイル名で、フォルダ「C:\xampp\htdocs\easy-apache.php」に保存します。

<?php
echo "簡単なPHPスクリプト - Apache経由";
?>

XAMPPのコントロールパネルから「Apache」を起動し、ブラウザでhttp://localhost/easy-apache.phpへアクセスします。

windows-php-script-exec
このようにPHPスクリプト内で記述したメッセージがブラウザに表示されればOKです。

関連記事(一部広告含む)