今日の人気記事

  1. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  4. PHPサンプルコード集
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本

switch、case - 条件分岐

スポンサーリンク

ここではPHPの基本構文「switch、case」を使った条件分岐について解説します。

switch、case - 条件分岐

「switch」とは、PHPスクリプトの変数や式を値によって振り分けるための制御文です。「case」を使って、振り分ける値をいくつでも設定することができるので、細かく条件分岐させたい場合に有効です。

「switch」に変数や式を「case」に振り分けたい値を設定します。設定した値から漏れた場合の処理は「default」に設定します。処理後には break を記述し、switchから抜けるようにしましょう。

<?php
switch( 変数や式 ) {
  case 値A:
    変数や式の値がAの場合の処理
    break;
  case 値B:
  case 値C:
    変数や式の値がBあるいはCの場合の処理
    break;
  default:
    変数や式の値がAでもBでもCでもない場合の処理
}
?>
スポンサーリンク

サンプルコード

それでは「switch」のサンプルコードをみてみましょう。

<?php
$x = 1;
switch($x){
  case 1:
    echo "値は1だね。\n";
    break;
  case 2:
  case 3:
    echo "値は2か3だね。\n";
    break;
  default:
    echo "1でも2でも3でもないね。\n";
}
?>

実行結果です。

値は1だね。

変数「$x」の値は「1」なので、このような実行結果になります。

さまざまな値を変数「$x」に代入し、スクリプトを実行してみてください。

次は「論理演算子」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告