今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  4. PHPの設定と動作確認 - Windows環境
  5. PHPサンプルコード集

HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み

スポンサーリンク

HTML内でPHPスクリプトを実行する方法について解説します。

PHPスクリプトは、HTML内にコードを挿入して(埋め込んで)使うことができます。そのため、PHPスクリプトからアクセスしたデータベースの値をWebページ表示したり、ユーザーがフォームに入力した文字列をデータベースにインサートするなどの操作が簡単にできます。

ここではHTML内でどのようにPHPスクリプトを記述・実行するかを簡単なサンプルとともに解説していきます。

スポンサーリンク

文字列を出力するサンプルコードです。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset='utf-8'>
<title>HTML内でのPHPスクリプト - PHP入門</title>
</head>
<body>
<h1><?php echo "タイトルだよ〜"; ?></h1>
<?php
$str_hello = "HTML内で";
echo "<p> $str_hello PHPスクリプトを表示してみた</p>";
?>
</body>
</html>

php-in-html
ブラウザで表示した場合は、このようになります。

ひとつずつみていきましょう。まず、h1タグの部分です。開始タグと終了タグで echo を挟んで、文字列を出力しています。

<h1><?php echo "タイトルだよ〜"; ?></h1>

次は、pタグの部分です。表示させたい文字の一部を変数($str_hello)に格納し、HTMLのpタグと共に文字列を出力しています。

<?php
$str_hello = "HTML内で";
echo "<p> $str_hello PHPスクリプトを表示してみた</p>";
?>

このようにhtml内でPHPスクリプトを実行する場合は、開始タグと終了タグでPHPスクリプトを挟めばOKです。

一概には言えませんが、PHPの処理が簡単な場合は、改行を使わずにPHPスクリプトを1行で記述し、スクリプトの処理が複雑な場合は、複数行に分けてコーディングします。

さて、PHPの基本的な書き方がわかったところで、次は「変数の基本構文」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告