今日の人気記事

  1. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  4. zip - ファイルを圧縮 - Linuxコマンド
  5. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)

Ubuntu 16.04 LTS をインストールしてみた

スポンサーリンク

2016年04月21日にリリースされた「Ubuntu 16.04 LTS」をインストールしてみたので、その方法を紹介します。

「Ubuntu 16.04 LTS」は、LTS(Long Term Support)なので、5年間の長期サポート版でサーバーなどの安定重視の用途に使用されます。

ISOイメージのダウンロード


今回はサーバー用途なので「Ubuntu Server」をクリックします。


Ubuntu Server 16.04 LTS の「Download」をクリックします。


すると、ISOイメージファイルのダウンロードがはじまります。

それではインストールしましょう。

Ubuntu Server 16.04 LTS のインストール

サーバーにインストールメディアを挿入し、電源を投入します。


言語の選択画面が表示されるので、言語を選択します。ここでは「日本語」を選択しました。


「Ubuntu Serverをインストール」を選択しましょう。


インストーラの「日本語」の翻訳は、完全ではありません。

インストールを続けますか?

「はい」を選択します。

※ 言語を変更する場合は、「戻る」を選択しましょう。


場所の選択です。

「日本」を選択します。


キーボードの設定です。

「Japanese」を選択しましょう。


キーボードのレイアウトです。

お使いのキーボードを選択しましょう。


ネットワークの設定です。

ネットワークインターフェイス(NIC)を選択しましょう。

すると、DHCP の設定がはじまります。


DHCP サーバがない場合は、このようにネットワークの設定に失敗するので

「続ける」を選択しまう。


DHCPサーバがない場合は、ネットワークを手動で設定しましょう。


ホスト名の設定です。

お好みに「ホスト名」を入力し、「続ける」を選択します。


ユーザーの「フルネーム」を入力し、「続ける」を選択します。


アカウントの「ユーザー名」を入力し、「続ける」を選択します。


新しいユーザーの「パスワード」を入力し、「続ける」を選択します。


ユーザーのホームディレクトリを暗号化しますか?

「はい」「いいえ」どちらかを選択します。


ディスクのパーティショニングです。

「ガイド」か「手動」を選択しましょう。

ちなみにLVM(Logical Volume Manager)とは、複数のディスクをひとつの論理的な(Logical)ボリュームとして扱うことのできる機能です。


パーティショニングするディスクを選択しましょう。


ディスクへ書き込みますか?

この変更は元に戻せません。

「はい」を選択します。


ガイドによるパーティショニングするボリュームサイズです。

「続ける」を選択しましょう。


ディスクに変更を書き込みますか?

「はい」を選択します。


パッケージマネージャの設定です。

HTTPプロキシを使う必要があるなら入力しましょう。

使わなけらば「空のまま」にして、「続ける」を選択します。


システム・アップデートの設定です。

  • 自動的にアップデートしない
  • セキュリティアップデートを自動的にインストールする
  • Landscapeでシステムを管理する

管理方法を選択しましょう。


ソフトウェアの選択です。

  • Manual package selection
  • DNS server
  • LAMP server
  • Mail server
  • PostgreSQL server
  • Samba file server
  • standard system utilities
  • Virtual Machine host
  • OpenSSH server

から必要なソフトウェアを「SPACE」キーで選択し、「続ける」を選択します。


GRUB ブートローダのインストールです。「はい」を選択します。


インストールが完了しました。インストールメディア(ISOイメージファイル)を取り出してから「続ける」を選択します。

すると、サーバーが再起動します。


サーバーが正常に起動すると、このように「Ubuntu」が起動し


ログイン画面が表示されます。

これで「Ubuntu 16.04 LTS のインストール」完了です。

関連記事(一部広告含む)