今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  3. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  4. rsync - 高速なファイル同期(バックアップ) - Linuxコマンド
  5. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド

at - 指定した時刻にコマンドを実行 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

atコマンドは、指定した時刻に後でジョブを実行するコマンドです。

atコマンド

書式

at [オプション] 時刻

標準入力や指定したファイルから読み込んだコマンドを指定した時刻に(後で)実行します。時刻の指定はHH:MM(例えば、18:24)で行います。

スポンサーリンク

オプション

-dジョブを削除します。atrmコマンドと同じ働きをします。
-f ファイル実行するジョブをファイルから読み込みます。
-mジョブ完了時にユーザーにメールを送信します。
-l実行待ちのジョブ一覧を表示します。atqコマンドを同じ働きをします。

使用例

時刻を指定して(ここでは、11:55)、atコマンドを実行します。実行するとプロンプト「at>」が表示されるので、実行するコマンドを入力し、「Ctrl + D」で終了します。

$ at 11:55
warning: commands will be executed using /bin/sh
at> ls > /tmp/ls.txt
at>  ← Ctrl + D
job 3 at Fri Dec  6 11:55:00 2013

指定した時刻になったらコマンドが適切に実行されているかを確認しましょう。

実行待ちのコマンドを確認します(オプション -l)。

$ at -l
4	Sat Dec  7 11:55:00 2013 a karuma

「at -l」で確認したジョブ番号を指定し、実行待ちのコマンドを削除します(オプション -d)。

$ at -d 4

関連コマンド

clockdiff, date, ntpdate

スポンサーリンク

関連記事と広告