今日の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  4. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  5. 日本語環境の設定 - mbstring

HTMLエンティティを文字列に変換 - html_entity_decode()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、指定したHTMLエンティティを文字列に変換する関数 html_entity_decode()を紹介します。

html_entity_decode関数

string html_entity_decode ( string $string )
HTMLエンティティを文字列に変換します。
引数
$string
HTMLエンティティを指定します。
返り値
変換された文字列が返されます。
スポンサーリンク

サンプルコード①

サンプルコードでは変数「$srt」に格納されたHTMLコードの文字列をエンティティ化します。

html_entity_decode( 文字列 )
<?php
var_dump( html_entity_decode("&lt;") );
var_dump( html_entity_decode("&gt;") );
?>

実行結果です。

string(1) "<"
string(1) ">"

このようにHTMLエンティティが文字列の記号に変換されます。

サンプルコード②

次は変数に格納したHTMLエンティティを文字列に変換してみましょう。

<?php
// 変数定義
$str = "<!DOCTYPE html>"
  . "<html>"
  . "<head>"
  . "<meta charset='utf-8'>";
// エンティティ化
$str = htmlspecialchars($str);
var_dump( $str );
// HTMLエンティティ → 文字列
var_dump( html_entity_decode($str) );
?>

実行結果です。

string(73) "&lt;!DOCTYPE html&gt;&lt;html&gt;&lt;head&gt;&lt;meta charset='utf-8'&gt;"
string(49) "<!DOCTYPE html><html><head><meta charset='utf-8'>"

変数に格納したHTMLエンティティが文字列に変換されています。

スポンサーリンク