今日の人気記事

  1. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. 外部コマンドを実行 - exec()、system()
  4. 半角 ⇔ 全角 変換 - mb_convert_kana()
  5. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み

論理値 - boolean

スポンサーリンク

ここでは、PHPの基本構文「論理値 - boolean」について解説します。

論理値 - boolean

論理値(bool、boolean)とは、真か偽かを表す変数の型のことです。真の場合は「true」、偽の場合は「false」の値をそれぞれ持ちます。

// 真
$var = true;
// 偽
$var = false;

PHPに用意されている関数の返り値によく利用されています。関数の処理が成功したら true、失敗したら falseを返します。

例えば「日付が正しいかどうかを確認する checkdate関数」「ファイルが実行可能かどうかを確認する is_executable関数」などなど。

それではサンプルスクリプトをみながら「論理値 - boolean」の挙動を確認してみましょう。

スポンサーリンク

サンプルスクリプト - 条件分岐

true か false で条件分岐するサンプルスクリプトをみてみましょう。変数($var)の値が、true であれば「成功」を表示、その他なら「失敗」を表示するプログラムです。

true

明示的に変数「$var」に trueを代入したサンプルスクリプトをみてみましょう。

<?php
$var = true;
if( $var ) {
  echo '成功';
} else {
  echo '失敗';
}
?>

実行結果です。

成功

このようにサンプルスクリプトでは明示的に変数($var)に trueを代入しているので、「成功」が表示されます。

false

次は明示的に変数「$var」に falseを代入したサンプルスクリプトをみてみましょう。

<?php
$var = false;
if( $var ) {
  echo '成功';
} else {
  echo '失敗';
}
?>

実行結果です。

失敗

こういったif文を使った条件分岐は、関数の返り値が真か偽かどうかを確認する場合などに、大変よく利用します。

次は「PHPの基本構文「if、else、elseif - 条件分岐」」をみていきます。

スポンサーリンク