今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール

スポンサーリンク

LinuxでC言語プラグラムを作成するためにコンパイラ(gcc)のインストールしていきます。

Linuxにはさまざまなディストリビューションがあります。ここでは、それら中でも人気の高いDebian、Ubuntu、CentOSにコンパイラ(gcc)をインストールする方法を解説します。

マルチスレッド化やCPUに特化したコンパイルなどをオプションを指定するだけで簡単にコンパイルできるIntelコンパイラ(icc)のインストール方法はこちらを参考にしてください。gccでも同じようなオプションはありますが、iccの方がプログラム実行速度は上です。

コンパイラ(gcc)のインストール

それでは gcc をインストールしていきます。

スポンサーリンク

Debian

Debianでは、apt-getコマンドを使ってgccをインストールします。

# apt-get install gcc

Ubuntu

UbuntuはDebianベースのディストリビューションなので、Debianと同じようにa apt-getコマンドを使います。ただ、Ubuntuにはrootユーザーという概念がないので、sudoコマンドでインストールしていきます。

$ sudo apt-get install gcc

CentOS

CentOSでは、yumコマンドを使ってgccをインストールします。

# yum install gcc

以上で、コンパイラ(gcc)のインストールは完了です。次は実際にC言語のプログラムコンパイルして、実行してみましょう。どのディストリビューションでも、コンパイルとプログラム実行方法は同じです。

gccでコンパイル

viやEmacsなどのテキストエディタを使って、以下のプログラムをhello.cというファイル名で作成します。

#include<stdio.h>
int main() {
  printf("Hello, World\n");
  return 0;
}

hello.cをコンパイルします。

$ gcc hello.c 

エラーが表示されなければ、OKです。

実行します。

$ ./a.out 
Hello, World

無事に実行できましたね。以上、「コンパイラ(gcc)のインストール」でした~。

スポンサーリンク