今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. export - 環境変数を定義・リスト表示する - Linuxコマンド
  3. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  4. コマンドリファレンス
  5. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド

Debian 6.0(squeeze)から7.0(wheezy)へアップグレード

スポンサーリンク

2013年5月4日にDebianの最新版7.0(wheezy)がリリースされたので、Debian 6.0(squeeze)から7.0(wheezy)へアップグレードしてみました。

アップグレードではなくDebian 7.0を新規にインストールする方法はこちらを参考にしてください。
» Debian 7.0(wheezy)の新規インストール

Debian 7.0(wheezy)へアップグレード

バックアップ

システムをアップグレードする前に、かならずバックアップを取っておきましょう。状況によっては、最悪OSを再インストールする必要があります。問題が発生しても元の状態に復元できるようにデータだけでなく設定情報もバックアップを取りましょう。複数の管理者でシステムを管理している場合には、情報の共有を徹底しましょう。

VPSをお考えの方は「お名前.com VPS」がおすすめです。追加料金なしで、スナップショット機能が利用できるので、簡単にバックアップができます。

それではアップグレード方法をみていきましょう。

/etc/apt/sources.listの編集

次に、Debian 7.0(wheezy)のアプリケーションをインストールするために/etc/apt/sources.listファイルを編集します。ファイル内のsqueezeをwheezyに置換すれば、OKです。

/etc/apt/sources.listをdiffコマンドで比較すると以下のようになります。

# diff /etc/apt/sources.list.org /etc/apt/sources.list
7,8c7,8
< deb http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze main
< deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze main
---
> deb http://ftp.jp.debian.org/debian wheezy main
> deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian wheezy main
10,11c10,11
< deb http://security.debian.org/ squeeze/updates main
< deb-src http://security.debian.org/ squeeze/updates main
---
> deb http://security.debian.org/ wheezy/updates main
> deb-src http://security.debian.org/ wheezy/updates main
13,15c13,15
< # squeeze-updates, previously known as 'volatile'
< deb http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-updates main
< deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian squeeze-updates main
---
> # wheezy-updates, previously known as 'volatile'
> deb http://ftp.jp.debian.org/debian wheezy-updates main
> deb-src http://ftp.jp.debian.org/debian wheezy-updates main

パッケージリストの更新

Debian 7.0(wheezy)で利用可能なパッケージリストを取得するために以下のコマンドを実行します。

# apt-get update

2段階のアップグレード

パッケージリストを更新し、システムをアップグレードする準備が整いました。それでは、7.0(wheezy)へアップグレード!と言いたいところですが。

システムをアップグレードする際は、まず、新しいパッケージと依存関係に問題がないか(競合状態にならないか)を確認(apt-get upgrade)し、次にシステム をアップグレード(apt-get dist-upgrade)する2段階のアップグレードが推奨されています。

ということで、以下では2段階のアップグレードを行なっていきます。

①システムの最小アップグレード

まず、既存の(インストールされている)パッケージを最新の状態にアップグレードします。更新したパッケージリストが既存のバージョンより新しく、パッケージを新規にインストール・削除する必要がないパッケージのみがアップグレードされます。

# apt-get upgrade

依存関係に問題がなければ、OKです。ちなみにバージョンは、Debian 6.0(squeeze)のままです。

# lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID:	Debian
Description:	Debian GNU/Linux 6.0.7 (squeeze)
Release:	6.0.7
Codename:	squeeze

②システムのアップグレード

ここまで、問題がなければ、システムのアップグレードを行いましょう。

# apt-get dist-upgrade

やたらと多くのパッケージがインストール・削除されます。筆者の場合、5分程度で終了しました。バージョンの確認してみます。

# lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID:	Debian
Description:	Debian GNU/Linux 7.0 (wheezy)
Release:	7.0
Codename:	wheezy

Debian 7.0(wheezy)にアップグレードされていますね。以上、「Debian 6.0(squeeze)から7.0(wheezy)へアップグレード」でした。問題なくて一安心。

関連記事(一部広告含む)