今日の人気記事

  1. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  4. サンプルプログラム集
  5. MacでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール - Xcode - Command Line Tools

文字列 - 日本語の取り扱い方法

スポンサーリンク

前回は「」を紹介しました。

ここではC言語での日本語の取り扱い方法をみていきます。

日本語の取り扱い

まずは次のプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char mojiretu[9]= "日本語のテストだよ";

  printf("%s\n", mojiretu);

  return 0;
}

「日本語のテストだよ」という9文字の文字列を配列変数「mojiretu[9]」に代入していますが……

エラーが表示されコンパイルできません!

これは「漢字」「ひらがな」「カタカタ」といった日本語が「マルチバイト文字」なのが原因です。

マルチバイト文字は「半角英数」の文字列とは異なり配列の多くの場所(要素)を使用するため、格納する場所が足りなくなりエラーが表示されます。

スポンサーリンク

こんなときは次のように配列変数を定義しましょう。

char mojiretu[]= "日本語のテストだよ";

これでOKです。

次のプログラムをコンパイル・実行してみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char mojiretu[]= "日本語のテストだよ";

  printf("%s\n", mojiretu);

  return 0;
}

このプログラムを実行すると

日本語のテストだよ

このように日本語の文字列が出力されます。

次は「キーボードから入力した文字/文字列を配列に代入する方法」をみていきます。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)