今日の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Linux環境
  3. 乱数 - 1〜10のランダムな数値を出力する
  4. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  5. サンプルプログラム集

文字列 - 配列 - ダブルクォーテーションを使って

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

前回は「配列を使った文字列の取り扱い方法」を紹介しました。

ここではダブルクォーテーション「"」を使って、文字列を配列に代入する方法をみていきます。こちらの方法の方が簡単です。

文字列

C言語には「文字列の型」が用意されていません。

そのため配列の変数に対し「ダブルクォーテーション」を使って、文字列を代入します。

サンプルプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  char mojiretu[4] = "XYZ9";

  printf("%s\n", mojiretu);

  return 0;
}

ポイントを分解してみていきましょう。

文字列の配列に代入

char mojiretu[4] = "XYZ9";

char型の変数「mojiretu」を配列で定義し、ダブルクォーテーションで囲って文字列を代入しています。

文字列の出力

printf("%s\n", mojiretu);

printf関数を使って、文字列を出力します。文字列の変換指定した「%s」です。

このプログラムを実行すると

XYZ9

このように文字列が出力されます。

次は「文字列の文字数と配列の要素数」についてみていきます。

基本構文 の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. 条件演算子(3項演算子)「? :」
  3. continue文 - ループをスキップ
  4. 配列の要素を出力(表示)する
  5. int main(void) - プログラムの基本
  6. while文 - 繰り返し処理
  7. 閏年(うるうどし)を判定する
  8. 関数のプロトタイプ宣言
  9. (前置・後置)インクリメント演算子, ++
  10. コンパイルと実行 - GNU Compiler Collection(gcc) - Mac環境

関連記事(一部広告含む)