今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  3. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  4. int main(void) - プログラムの基本
  5. MacでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール - Xcode - Command Line Tools

scanf関数 - 数値の入力

スポンサーリンク

ここではプログラムの実行時に数値を入力する方法を紹介します。

数値の入力

数値の入力には scanf 関数を使用します。

scanf 関数

scanf 関数は printf 関数と扱い方が似ていますが、printf 関数は「出力を行う関数」、対して scanf 関数は「入力を行う関数」です。

プログラム実行中にユーザーに数値を入力させたい場合には「scanf 関数」を使います。

scanf("変換指定子", &変数名)

「変換指定子」とアンド「&」記号に続けて「変数名」を指定します。

例えば、整数型の数値を入力する場合はこんな感じです。

scanf("%d", &var);

このように scanf 関数を使って、数値の入力をする場合には「%」からはじまる「変換指定子」を使います。printf 関数とはの変換子とは異なる部分もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

変換指定子

変換指定子は「変数の型」によって異なるので、以下のテーブルをご覧ください。

変数の型概要変換指定子
int整数型%d
float浮動小数点数型(単精度実数)%f
double浮動小数点数型(倍精度実数)%lf

サンプルプログラム

それでは scanf関数を使って、数値を入力し、その数値を出力するサンプルプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {

  // 変数の定義
  int x;

  // x の数値を入力
  printf("x = ");
  scanf("%d", &x);

  // 入力した数値を出力
  printf("%d\n", x);

  return 0;
}

実行結果です。

x = 3  
3

ここでは変数「x」に「3」を入力し、それを出力しました。

適切に入力・出力されていますね。

次は scanf関数を使った「簡単な入出力プログラミング」をみてみましょう。

スポンサーリンク

関連記事と広告