今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  3. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  4. printf関数の変換指定子
  5. 変数の値を出力 - printf 関数

入力した整数が偶数か奇数かを判別

スポンサーリンク

入力した整数が偶数か奇数かを判別するサンプルプログラムです。ここでは「剰余算」と「ビット演算」で判別する2つの方法を紹介します。

サンプルプログラム - 剰余算

余りを計算する演算子「%」を使って、偶数か奇数かを判別するプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int a;

  printf("整数を入力してください = ");
  scanf("%d",&a);

  if( a % 2 == 0 ){
    printf("%d は偶数です\n", a);
  } else {
    printf("%d は奇数です\n", a);
  }

  return 0
}

実行結果です。

整数を入力してください = 3
3 は奇数です

ここでは整数「3」を入力しました。このサンプルプログラムをお使いの環境でコンパイルし、さまざまな値を入力してみましょう。

スポンサーリンク

サンプルプログラム - ビット演算子

次はビット演算子「&」を使って、偶数か奇数かを判別するプログラムです。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
  int a;

  printf("整数を入力してください = ");
  scanf("%d",&a);

  if( (a & 1) == 1 )
    printf("%d は奇数です\n", a);
  else
    printf("%d は偶数です\n", a);

  return 0;
}

実行結果です。

整数を入力してください = 6
6 は偶数です

ここでは整数「6」を入力しました。適切に動作していますね。

スポンサーリンク

関連記事と広告