今日の人気記事

  1. PHP + Apache 環境の構築
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. php.ini の設定

クッキーの送信・設定 - setcookie()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、クッキーを送信・設定する関数 setcookie()を紹介します。

setcookie関数

bool setcookie ( string $name [, string $value [, int $expire [, string $path [, string $domain [, bool $secure = false [, bool $httponly ]]]]]] )
setcookie()は、指定した文字列からHTMLタグを取り除きます。
引数
$name
クッキー名を指定します。
$value
クッキーの値を指定します。
$expire
クッキーの有効期限を指定します。指定しない場合は「0」が指定され、ブラウザを閉じるときに削除されます。
$path
クッキーを保存するパスを指定します。
$domain
クッキーが有効なドメインを指定します。
$secure
true を指定するとセキュアな通信、HTTPS接続の場合にのみクッキーを送信します。デフォルトはfalse。
$httponly
true を指定するとHTTPのみがクッキーにアクセスできます。デフォルトはfalse。
返り値
クッキーの送信に成功した場合には trueを、その他の場合は falseを返します。
スポンサーリンク

サンプルスクリプト

送信クッキーの値を表示するサンプルスクリプトです。

setcookie( クッキー名, 値 )
<?php
setcookie("クッキー!", "クッキーの値");
?>

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<body>
<p>ページを更新するとセットした「クッキーの値」が表示されます。</p>
<?php echo $_COOKIE["クッキー!"]; ?>
</body>
</html>

それではサンプルスクリプトにアクセスしてみましょう。

setcookie() のサンプル

function-setcookie-01
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。このときにクッキーがセットされます。

このページを更新すると……

function-setcookie-02
このようにブラウザーに保存されている「クッキーの値」が表示されます。

スポンサーリンク