今日の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  3. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  4. PHP + Apache 環境の構築
  5. 外部コマンドを実行 - exec()、system()

セッション名の取得・設定 - session_name()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、セッション名の取得・設定する関数 session_name()を紹介します。

session_name関数

string session_name ([ string $name ] )
セッション名を取得・設定します。
引数
$name
セッション名を指定します(英数字)。
返り値
現在のセッション名を返します。
スポンサーリンク

サンプルスクリプト①

php.ini に設定されている「セッション名」を取得するサンプルスクリプトです。

session_name( 引数なし )
<?php
// セッション開始!
$flg = session_start();
?>

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<body>

<?php
if( $flg === true ){
  // 現在のセッション名を取得
  echo session_name();
} else {
  echo "セッションの作成に失敗しました!";
}
?>

</body>
</html>

それではサンプルスクリプト①にアクセスしてみましょう。

function-session-name() のサンプル①

function-session-name-01
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

「php.ini」にデフォルトで設定されているセッション名「PHPSESSID」が取得されていますね。

サンプルスクリプト②

session_start( セッション名 )
<?php
// セッション名を指定
session_name("WEBKARU");
// セッション開始!
$flg = session_start();
?>

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<body>

<?php
if( $flg === true ){
  // 現在のセッション名を取得
  echo session_name();
} else {
  echo "セッションの作成に失敗しました!";
}
?>

</body>
</html>

それではサンプルスクリプト②にアクセスしてみましょう。

function-session-name() のサンプル②

function-session-name-02
サンプルをブラウザで確認するとこのように表示されます。

指定したセッション名「WEBKARU」が設定されていることがわかります。

スポンサーリンク