今日の人気記事

  1. ssh - リモートマシンにSSHでログイン - Linuxコマンド
  2. tar - アーカイブの作成・展開 - Linuxコマンド
  3. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  4. SSHの設定と使い方
  5. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド

cat - ファイル内容を標準出力に表示 - Linuxコマンド

スポンサーリンク

catコマンドは、ファイルの内容を標準出力に表示するコマンドです。

catコマンド

書式

cat [オプション] ファイル名

ファイル名を複数指定するとファイル内容をつなげて標準出力に表示します。

lessコマンド」「moreコマンド」も合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

オプション

-Aすべての制御文字を表示します。
-b空行には行番号を表示しない。
-E行末に「$」を表示します。
-n行番号を表示します。

使用例

ファイル(hello.c)の内容を標準出力に表示します。

$ cat hello.c
#include 

int main(void) {  
  printf("Hello, World\n");
}

行番号を付けて表示します(オプション -n)。

$ cat -n hello.c
     1	#include 
     2	
     3	int main(void) {  
     4	  printf("Hello, World\n");
     5	}

空行に行番号は付けません(オプション -n)。

$ cat -b hello.c
     1	#include 

     2	int main(void) {  
     3	  printf("Hello, World\n");
     4	}

複数のファイル(file1.txt、file2.txt)をつなげて表示します。

$ cat file1.txt file2.txt

複数のファイル(file1.txt、file2.txt)を連結して、file3.txtに保存します。

$ cat file1.txt file2.txt > file3.txt

関連コマンド

less, more

スポンサーリンク