今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. 配列に格納した数値を昇順ソート
  3. 入力した行列の積(掛け算)を計算
  4. LinuxでC言語 - コンパイラ(gcc)のインストール
  5. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境

簡単な入出力プログラミング

スポンサーリンク

scanf関数の基本を確認したら、この関数を使った簡単な入出力プログラミングをつくってみましょう。

数値の入出力

ここでは2つの数値を入力し、それらの数値の出力・それらの和を計算・出力するプログラムをみていきます。

スポンサーリンク

サンプルプログラム

それでは scanf関数を使って、2つの数値を入力し、それら数値とその和を出力するサンプルプログラムをみてみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {

  // 変数の定義
  int x, y, z;

  // x の数値を入力
  printf("Input\n");
  printf("x = ");
  scanf("%d", &x);

  // y の数値を入力
  printf("y = ");
  scanf("%d", &y);

  // x + y を計算
  z = x + y;

  // 入力した数値の出力
  printf("\nOutput\n");
  printf("x = %d\n", x);
  printf("y = %d\n", y);

  // 計算した和の出力
  printf("x + y = %d\n", z);
  return 0;
}

実行結果です。

Input
x = 4
y = 6

Output
x = 4
y = 6
x + y = 10

ここでは変数「x=4」「y=6」を入力し、それを出力しました。またそれらの和も計算・出力しました。

適切に入力・計算・出力されていますね。

スポンサーリンク