今日の人気記事

  1. 数字の表記を3桁のカンマ区切りに - number_format()
  2. if、else、elseif - 条件分岐
  3. 半角 ⇔ 全角 変換 - mb_convert_kana()
  4. PHPの設定内容を確認 - phpinfo()
  5. 文字列をURLエンコード・デコード - urlencode()、urldecode()

乱数の最大値を表示 - mt_getrandmax()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、生成する乱数の最大値を表示する関数 mt_getrandmax()を紹介します。

0から1の乱数を生成する場合などに便利な関数です。作成方法の詳細は後ほどサンプルスクリプトで解説します。

mt_getrandmax関数

int mt_getrandmax ( void )
mt_rand関数により生成される乱数の最大値を表示します。
返り値
生成される乱数の最大値を表示します。

サンプルコード

乱数の最大値を表示してみましょう。

mt_getrandmax( 引数なし )
<?php
var_dump( mt_getrandmax() );
?>

実行結果です。

int(2147483647)

このように乱数の最大値がint型で返されます。

サンプルコード - 0から1の乱数を生成

次は、0から1の乱数を生成するサンプルコードをみてみましょう。

<?php
// 0から1の乱数を生成
for($i=0;$i<10;$i++) {
  echo mt_rand() / mt_getrandmax() ."\n";
}
?>

実行結果です。

0.99055733298443
0.19041588212848
0.48767699323952
0.25303931778904
0.41667183833973
0.71025207019888
0.12657670915433
0.61317097191381
0.21596447760983
0.99003314738629

このように、0から1の乱数が生成されます。このサンプルコードは、覚えておくと便利ですよ。

関連記事(一部広告含む)