今日の人気記事

  1. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10
  2. 文字列をファイルに書き込む - file_put_contents()
  3. PHPの設定(パスを通す)と動作確認 - Windows10
  4. PHP + Apache 環境の構築
  5. php.iniファイルの場所/PHPのバージョン確認・変更 - MAMPの使い方

JSON形式の文字列をオブジェクト、連想配列にデコード - json_decode()

プログラミング言語PHPで、JSON形式の文字列をオブジェクト、連想配列に変換する関数 json_decode()を紹介します。

json_decode関数

mixed json_decode ( string $json [, bool $assoc ] )
JSON形式の文字列をオブジェクト、連想配列に変換します。
引数
$json
デコードするJSON形式の文字列を指定します。
$assoc
trueを指定すると連想配列を返します。デフォルト falseの場合は、オブジェクトを返します。
返り値
デコードしたオブジェクト・連想配列を返します。

サンプルスクリプト

JSON形式も文字列をオブジェクト・連想配列にデコードするサンプルスクリプトです。

json_decode( JSON形式の文字列 )
json_decode( JSON形式の文字列, true )
<?php
$ary = array(123, "PHP入門", "Hello"=>"World");

// 配列をJSON形式にエンコード
$json = json_encode($ary);

// JSON形式をオブジェクトにデコード
var_dump( json_decode($json) );

// JSON形式を連想配列にデコード
var_dump( json_decode($json, true) );
?>

実行結果です。

object(stdClass)#1 (3) {
  ["0"]=>
  int(123)
  ["1"]=>
  string(9) "PHP入門"
  ["Hello"]=>
  string(5) "World"
}
array(3) {
  [0]=>
  int(123)
  [1]=>
  string(9) "PHP入門"
  ["Hello"]=>
  string(5) "World"
}

このようにJSON形式の文字列がオブジェクト・連想配列にデコードされます。

関連記事(一部広告含む)