今日の人気記事

  1. scp – リモートマシンにファイルコピー - Linuxコマンド
  2. gzip - ファイルを圧縮・展開 - Linuxコマンド
  3. chown - ファイルの所有者やグループを変更 - Linuxコマンド
  4. ファイルの解凍・圧縮 - Linuxコマンド一覧(.zip .gz .Z .bz2 tar.gz .tgz tar.Z .taz .tar.bz2 .tbz2)
  5. sftp - 安全なファイル転送 - Linuxコマンド

コマンド - ファイル表示と削除

スポンサーリンク

コマンドでのファイル表示と削除方法を紹介します。

ここでは

  • ファイル名の表示
  • ファイルの削除

といったファイル操作をコマンドで実行する方法をみていきます。

ファイル名の表示

それではコマンドで、ファイル名を表示してみましょう。

ディレクトリ内のディレクトリ・ファイル名を表示する「lsコマンド」を使って、ファイル名を表示してみましょう。

$ ls
dir1 file1  file2

上の例では、「dir1」というディレクトリ名、「file1」「file2」という2つファイル名が表示されています。

このように「lsコマンド」を使って、現在の作業ディレクトリ内にあるディレクトリ・ファイル名を表示します。

※ 現在の作業ディレクトリは「pwdコマンド」で確認することができます。

lsコマンドにオプション「-F」を使うと

$ ls -F
dir/  file1  file2

このようにディレクトリに「/」という記号がつき、ファイルの区別がわかりやすくなります。

ファイルの削除

次はファイルの削除をみていきます。

ファイルの削除は「rmコマンド」を使います。

$ rm file1

この例では、「file1」を削除してみました。

lsコマンドを使うと、「file1」が削除されていることがわかります。

$ ls -F
dir1/  file2

このように「rmコマンド」を使って、ファイルを削除することができます。

関連記事(一部広告含む)