今日の人気記事

  1. printf関数の変換指定子
  2. 多次元配列
  3. 入力した2つの整数を足し算・引き算する
  4. 入力した自然数の約数を求める
  5. 入力した整数が偶数か奇数かを判別する

立方体の体積と表面積を計算する

当ページのリンクには広告が含まれています。

スポンサーリンク

ここでは「立方体の体積と表面積を計算」するサンプルプログラムを紹介します。

まずは、「立方体の体積」と「立方体の表面積」を計算する公式の確認をしましょう。

立方体の体積

一辺 \(a\) の立方体の体積 \(V\) は

\begin{aligned} V \: & = a \times a \times a \\ & = a^3 \end{aligned}

で与えられます。

立方体の表面積

一辺 \(a\) の立方体の表面積 \(S\) は

\begin{aligned} S \: & = 6 ( a \times a ) \\ & = 6 a^2 \end{aligned}

で与えられます。

さて、公式の確認が終了したら次はサンプルプログラムをみてみましょう。

サンプルプログラム

/*
 * C言語のサンプルプログラム
 * - 立方体の体積と表面積を計算 -
 */
#include <stdio.h>

int main(void)
{

  /* 立方体の一辺 */
  float ippen;

  /* 立方体の体積 */
  float volume;

  /* 立方体のの表面積 */
  float surface;

  /* 立方体の一辺を入力 */
  printf("立方体の一辺の長さを入力:\n");
  printf("一辺 = ");
  scanf("%f", &ippen);

  /* 立方体の体積を計算・出力 */
  volume = ippen * ippen * ippen;
  printf("立方体の体積: V = %.3f\n", volume);

  /* 立方体の表面積の計算・出力 */
  surface =  6 * (ippen * ippen);
  printf("立方体の表面積: S = %.3f\n", surface);

  return 0;
}

いくつかの実行結果です。

立方体の一辺の長さを入力:
一辺 = 3
立方体の体積: V = 27.000
立方体の表面積: S = 54.000
立方体の一辺の長さを入力:
一辺 = 5.4
立方体の体積: V = 157.464
立方体の表面積: S = 174.960

このように入力した一辺の長さに対する体積と表面積を計算してくれます。

サンプルプログラム の人気記事

  1. 配列に格納した数値を昇順ソートする
  2. サンプルプログラム集
  3. 入力した2つの数値を交換する
  4. 入力した行列の積(掛け算)を計算する
  5. 2次方程式の解を計算する
  6. 入力した自然数の約数を求める
  7. 入力した文字列の文字数を表示する(出力)
  8. 乱数 - 1〜10のランダムな数値を出力する
  9. for文 - 1つ飛ばしの繰り返し処理を実行する(奇数・偶数)
  10. 入力した整数が偶数か奇数かを判別する

関連記事(一部広告含む)