今日の人気記事

  1. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. MinGW - gcc の環境設定(パスを通す) - Windows環境
  4. サンプルプログラム集
  5. 配列に格納した数値を昇順ソート

ファイル入出力 - ファイルポインタとオープンモード

スポンサーリンク

C言語でファイルの入出力方法をみていきます。

ファイルの入出力とは指定したファイルを開いて読み込んだり、ファイルに書き込んだりする作業のことです。

まずはファイルポインタをみていきます。

ファイルポインタ

ファイルポインタとは、ファイルのパス(場所)やオープンモード(後述)といったファイル操作に必要な情報を格納する変数のことです。

FILE変数は「ポインタ変数」と呼ばれるものなので、次のように定義します。

FILE *fp

変数名は「fp」、ポインタなので変数名の前に「*」をつけて宣言します。

スポンサーリンク

次はオープンモードをみていきます。

オープンモード

オープンモードとは、どのようなファイル操作を行うか?を指定するものです。

オープンモード
r読み込み可
w書き込み可(上書き)
a書き込み可(追記)
r+読み書き可(ファイルがない場合はエラー)
w+読み書き可(上書き)
a+読み書き可(追記)

ファイルポインタの指定には、fopen関数を使って次のように定義します。

fp = fopen("file.txt", "r")

ファイル名「file.txt」、オープンモード「r(読み込み可)」でファイルを開くという意味ですね。

スポンサーリンク

関連記事と広告