今日の人気記事

  1. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  2. MinGW - gccのコンパイルと実行 - Windows環境
  3. 文字列 - 日本語の取り扱い方法
  4. continue文 - ループをスキップ
  5. (前置・後置)インクリメント演算子, ++

コンパイルと実行

スポンサーリンク

C言語のコンパイルと実行について解説します。

ヒトが記述するプログラムは、ソースコードやソースプログラムと呼ばれ以下のような一連の記号や文字列の羅列で表現されます。

/* sum.c */
#include<stdio.h>
int main() {
  int i,j;
  i = 3;
  j = 10;
  printf("%d\n", i+j);
  return 0;
}

ちなみにソースプログラムが保存されたファイルは、ソースファイルと呼ばれ拡張子には「.c」を用います。

コンパイルとは

ヒトが見やすいように記述されたソースコードをコンピューターが理解できる形式(機械語)に変換(翻訳)することをコンパイルといいます。ソースコードをコンパイルすると実行ファイルを生成され、そのファイルを実行するとプラグラムが実行されます。

コンパイルと実行

環境の構築の準備ができたら、実際に簡単なプログラムをコンパイル・実行してみましょう。Windows、Mac、Linux環境での「コンパイルと実行」方法について解説していきます。

関連記事(一部広告含む)