今日の人気記事

  1. サンプルプログラム集
  2. 配列に格納した数値を昇順ソート
  3. 変数の値を出力 - printf 関数
  4. MinGW - gcc のインストール - Windows環境
  5. 10進数を2進数に変換

正方形の面積を計算

スポンサーリンク

ここでは「正方形の面積を計算」するサンプルプログラムを紹介します。

まずは、「正方形の面積」を計算する公式の確認をしましょう。

正方形の面積

area-square-01

一辺の長さが \(a\) の正方形の面積 \(S\)は

$$S = a \times a$$

ですね。

スポンサーリンク

サンプルプログラム - 正方形の面積を計算

それではサンプルプログラムをみてみましょう。

/*
 * C言語のサンプルプログラム - Webkaru
 * - 正方形の面積を計算 -
 */
#include <stdio.h>
 
int main(void)
{

  /* 正方形の面積 */
  float area;

  /* 一辺の長さ */
  float length;

  /* 一辺の長さを入力 */
  printf("正方形の一辺の長さを入力: a = ");
  scanf("%f", &length);

  /* 正方形の面積を計算・出力 */
  area = length * length;
  printf("正方形の面積: S = %.3f\n", area);

  return 0;
}

実行結果

いくつかの実行結果です。

正方形の一辺の長さを入力: a = 3
正方形の面積: S = 9.000
正方形の一辺の長さを入力: a = 5.21
正方形の面積: S = 27.144

ここでは一辺の長さ「3」、「5.21」の正方形の面積を計算してみました。

スポンサーリンク

関連記事(一部広告含む)