今日の人気記事

  1. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  4. PHP + Apacheのインストール - Linux環境 - CentOS
  5. 外部コマンドを実行 - exec()、system()

整数 - integer

スポンサーリンク

ここでは、PHPの基本構文「整数 - integer」について解説します。

整数 - integer

整数(integer)とは、小数点を含まない「0, 1, 2, -3」といったゼロ、正の整数、負の整数を表す型です。

10進数だけではなく、8進数や16進数の値を持つこともできます。8進数は数値の前に「0」を、16進数は数値の前に「0x」を付けて表現します。

// 10進数
$var = 123;
// 8進数
$var = 0123;
// 16進数
$var = 0x123;
スポンサーリンク

サンプルスクリプト

10進数の整数を表示するサンプルスクリプトをみてみましょう。

for文を使って、変数「$i」の値を+1ずつしていき、10まで繰り返すスクリプトです。繰り返し処理では、var_dump関数を使って変数の値と型式を表示するようにしています。

<?php
for($i=0;$i<=10;$i++){
  var_dump($i);
}
?>

実行結果です。

int(0)
int(1)
int(2)
int(3)
int(4)
int(5)
int(6)
int(7)
int(8)
int(9)
int(10)

0から10までのint型の値が表示されています。

スポンサーリンク