今日の人気記事

  1. PHPのダウンロードとインストール - Windows環境
  2. PHP + Apache 環境の構築
  3. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  4. PHPサンプルコード集
  5. PHPスクリプト - 基本的な記述方法 - 書き方の基本

文字列をURLエンコード・デコード - urlencode()、urldecode()

スポンサーリンク

プログラミング言語PHPで、指定した文字列をURLエンコード・デコードする関数 urlencode()、urldecode()を紹介します。

urlencode 関数

string urlencode ( string $string )
文字列をURLエンコードに変換します。
引数
$string
URLエンコードに変換する文字列を指定します。
返り値
英数以外の文字列を「%と2桁の数字」に、半角スペースは「+」変換した文字列を返します。

urldecode 関数

string urldecode ( string $string )
URLエンコードされた文字列をデコードします。
引数
$string
URLデコードする文字列を指定します。
返り値
指定した文字列を通常の文字にデコードします。
スポンサーリンク

サンプルコード

サンプルコードでは変数「$srt」に格納されたHTMLコードの文字列をエンティティ化します。

htmlentities( 文字列 )
<?php
$str = "Hello World!こんにちは。";

// URLエンコード
$str = urlencode( $str );
echo $str ."\n";

// URLデコード
$str = urldecode( $str );
echo $str ."\n";
?>

実行結果です。

Hello+World%21%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%80%82
Hello World!こんにちは。

このように指定した文字列の英数字を除く文字列が「%と2桁の数字」、あるいは「+」にエンコードしています。

また、URLエンコードした文字列をデコードしてます。

スポンサーリンク

関連記事と広告