今日の人気記事

まだデータがありません。

指定した変数の型を変換 - settype()

当ページのリンクには広告が含まれています。

プログラミング言語PHPで、指定した変数の型を変換する関数 settype()を紹介します。

settype関数

bool settype ( mixed &$var , string $type )
指定した変数を任意の型を変換します。
引数
&$var
型を変換する変数を指定します。
参照渡し(&が付いてる)なので、引数として渡した変数自体の値が変化します。
$type
変換する「変数の型式」を指定します。詳細は後述。
返り値
変数の型の変換に成功した場合は trueを、そのほかの場合は falseを返します。

変数の型式 - $type

$type 概要
bool, boolean 「論理値」へ変換
int, intval 「整数」へ変換
float, double 「浮動小数点数」へ変換
string 「文字列」へ変換
array 「配列」へ変換
object 「オブジェクト」へ変換
null 「ヌル値」へ変換

サンプルコード

サンプルコードでは「文字列 → 整数」、「論理値 → 文字列」の変換を行っています。

settype ( 変数, 型式 )
<?php
// 変数を定義
$var1 = "12345";
// 文字列 → 整数の変換
var_dump( settype($var1,"int") );
var_dump( $var1 );

// 変数を定義
$var2 = true;
// 論理値 → 文字列
settype($var2,"string");
var_dump( $var2 );
?>

実行結果です。

bool(true)
int(12345)
string(1) "1"

変換に成功した場合は trueが返されています。また、「文字列 → 整数」、「論理値 → 文字列」の変換も適切に実行されていますね。

変数・定数 の人気記事

  1. 変数の型を調べる(確認) - gettype()
  2. 変数を整数型に変換 - intval()
  3. 定数が定義済みかどうかを確認 - defined()
  4. PHP関数リファレンス

関連記事(一部広告含む)