今日の人気記事

  1. Apache 2.4 のダウンロードとインストール - Windows10
  2. HTML内でPHPスクリプトを実行 - 埋め込み
  3. 自然対数、常用対数を取得 - log()、log10()
  4. 区切り文字列を配列に変換 - explode()
  5. 多次元配列を結合 - array_merge_recursive()

配列ポインタを先頭・最後に - reset()、end()

プログラミング言語PHPで、内部配列ポインタを先頭の要素に戻す(初期化する)関数 reset()、最後に進める関数 reset()を紹介します。

reset関数

mixed reset ( array &$array )
内部配列ポインタを先頭に戻し(配列を作成した状態に初期化)、先頭要素の値を返します。
引数
$array
配列ポインタを先頭に戻す配列を指定します。
返り値
配列の先頭要素の値を返します。

end関数

mixed end ( array &$array )
内部配列ポインタを最後に進め、最後の要素の値を返します。
引数
$array
配列ポインタを最後に進める配列を指定します。
返り値
配列の最後の要素の値を返します。

サンプルコード

内部配列ポインタを先頭に戻すサンプルコードです。コード内には、range関数next関数current関数を使っています。

reset( 配列 )
end( 配列 )
<?php
/* アルファベット配列を作成 */
$a = range('a', 'e');
print_r($a);

/* ひとつ次の要素 */
next($a);
var_dump( current($a) );

/* 最後の要素 */
end($a);
var_dump( current($a) );

/* 最初に戻す */
reset($a);
var_dump( current($a) );
?>

実行結果です。
配列ポインタが、reset関数で先頭に戻り、end関数で最後に進むことががわかります。

Array
(
    [0] => a
    [1] => b
    [2] => c
    [3] => d
    [4] => e
)
string(1) "b"
string(1) "e"
string(1) "a"

関連記事(一部広告含む)